今日から農家のお嫁様っ!

新規就農ひよっこファーマーの徒然。四季折々のメリハリ生活中。

 
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

噴火対策

昨日、パノラマスキー場にTV取材が来て、夕方のニュース番組でちょっぴり取り上げられたのですが。
草津のスキー場の噴火を受けて、近くに噴火する可能性のある山があるスキー場…という事でウチに来たようです。

噴火した場合どの辺りに被害が及ぶかという予測マップや、避難場所や誘導方法は決めてあっても…
山って、でかいんですよね。
どこで噴火するかで全然違うらしく、被害予測はとても難しいようです。
そりゃそうだよねー…天気予報だって当たらないのに…w
人間が自然に勝てる日が来るとしたら、はるか未来なんだろうと思います。

マニュアル見て、事務所にいる私他メンバーが避難放送するのは予想通りでした。
しかし、事務所は予備電源があるとしても、リフトのスピーカーにはそれがないんじゃ?という。
リフトの事は私はわからないけど、リフト自体は予備電源で動かせるはず。しかし放送機器はどうなんだ…。
大体にして、普段リフトへの連絡は有線の電話を使っていて、緊急時にそんなの使ってられないよなーっていう。使える状態かもわからないし…w
無線はあっても全員に行き渡るほどじゃない。パトロールは皆持っていても、他は各部署に一台とか。
そしてマニュアルによれば、パトロールは噴火であっても事が起こったら直ちにコース上部に向かい、取り残された人がいないか確認し、「最後の一人まで誘導する」となってました。
救助は当然のことではあるけど、例えばモービル一台で10人とかのグループを発見したらどうするんだろ…。医療現場のトリアージみたいに、優先順位をつけざるを得ないんでしょうか。

インタビューを受けていて、皆が答えている事にとっても共感しました。
「噴火は他人事とは思えない」
「山の近くで暮らしている我々にとっては、うまく付き合っていくしかない」
ここ、放送されませんでしたけどねw
関連記事
スポンサーサイト

Comments

私の職場でも、意味のある避難訓練を!訓練のための訓練にならないように!などと言われておりますが、山は予想がつかないですもんね!
有効な避難訓練がなされるようにと祈るばかりです。
インフルエンザ、猛威を振るっております。ウチの職場でも、ダンナがインフルだの家族がインフルだの本人がインフルだのと、様々聴こえております。
ご自愛ください。
Re: コメントありがとうございます!
インフルエンザ、終息したかと思いきや、また発症した人が出ました。
今は小学校のスキー教室の時期なのですが、お休みで人数が減ったり、キャンセルになったりしています。
対策としてはまず手洗い…でしょうかw何とか罹患せず乗り切りたいですね!
避難訓練、決して無駄ではないと思うんですけど…集合場所だとか、声のかけ方とか、やっぱり全くわからないと何もできないでしょうから。
でも、災害って「対策してるから大丈夫!」ってはならないですよね。あくまで予防ではなくて、その場で対処するしかないというか。
いざという時に平静でいられるよう訓練しつつ、危険予知を心がけ想像力を失わずに過ごそうと思います。

Leave a Comment


Body
中の人はこんな人

Rayly

Author:Rayly
スローライフに憧れ就農した、
農業未経験のひよっこファーマー。
2018年で就農5年目、
いつになったら殻が取れるのか!
少しずつ体力と筋力が
ついてきましたよ!

ご連絡はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
 
ファーマー用品と趣味のお品
 
 
 
 
押したくな~る、押したくな~る…
ブログランキング一応参加中!
最近存在を忘れ気味なので下に移動…
よかったらポチッとお願いしますー!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

地域情報 ブログランキングへ
 
 
 
 
QRコード
QR