今日から農家のお嫁様っ!

新規就農ひよっこファーマーの徒然。四季折々のメリハリ生活中。

 
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07

最近買ったコミック

昨日は雨、今日は何だか曇っています。週間天気予報、当たらないなぁ…w
一週間晴れて気温高いみたいだ!って消毒の準備とかしていても、気付けば「あれ?明日雨の予報になってる…」って事がたくさん。
でw冬の間ものすごく気をつけて風邪を引かずにいたのに、ここに来て風邪引きましたww
朝起きたら喉が痛い…大口あけて寝ていたんだろうか…ww
あ~あ、乾燥してるってわかってるんだからマスクして寝ればよかったー!冬の間ずっとマスクして寝てたのに、油断したよー。
とりあえず、一昨日あちこち除草剤撒いたし、雨だし一日ゆっくりしていよう…と昨日は薬飲んで一日オフ。
久しぶりに風邪薬飲むとめっちゃ眠くなりますね。寝落ちしそうになりながらマンガ読んでました。
今日になったら大分いいです。後はマスクとのど飴でがんばりますw

さてさて、先日買って読んだ本です!

アマネ†ギムナジウム

宮方天音(27歳)。年齢=彼氏いない歴。
門前仲町にある築80年の一軒家に住み、派遣社員をしながら、人形作家をしている。
ある日、贔屓の画材屋から古い粘土を譲り受け、ドイツの全寮制の「ギムナジウム」をテーマにした7体の少年の人形を作り上げる。その粘土には秘密があるという店主の言葉を思い出し、天音が人形たちにキスをすると、光が放たれ、彼らが動き出した。
(Amazonより)

懐かしいこの短剣符。どうやって変換するんだか忘れてコピペしました…ww
ドールとギムナジウムという、今まで読んだことがなかったのが不思議なくらい納得の組み合わせ。
うーんでも人を選ぶのかな…w
ギムナジウムと言えば…そう、まさに!萩尾望都先生の名前が作品中に出てきます。
ドールや学園モノが好きな方にオススメ。

所で、作者の古屋兎丸氏。
「帝一の國」が現在実写映画化されてますよね。
映画化アニメ化に期待しないクセがついちゃってる私ですが、これは絶対見に行く!
原作コミックも、14巻完結と適度な長さですっきり読めるので超オススメですw
真剣すぎるやり取りが笑いを生むという、シニカルでシュールなギャグが面白いです。
ラストも、こうであって欲しいと思える素晴らしい結末。カタルシスを味わえますw
 


他に、五十嵐大介氏のコミックも買いました!

    
ディザインズ
自然界を超越した異形の生物──HA(ヒューマナイズド・アニマル)。
それは遺伝子を”設計”された、ヒトと動物とのハイブリッド。
HAが備える驚異的な身体能力は、野心を抱く人々の策略によって殺りくの現場へと投入され、その真価を発揮していく。
ヒトは何のためにこの異形をデザインしたのか──その背景には、人類の未来へとつながる壮大な計画が横たわっていた!
稀代の表現者・五十嵐大介が放つハードSF、ついに登場!
(Amazonより)

ウムヴェルトは短編集で、「魔女」にあるような起承転結のない(作品中の感覚で言えば、人間にはそれを感じられない)お話や、ディザインズの前日譚が収録されています。私的には、小さくなっていくおばあちゃんの話が印象的でした。魔女化しているw
この3冊は、店頭で見て「おっ五十嵐大介の新刊出てるじゃん!」と思って買ったもの。これだから書店通いはやめられないですねwどんどん本が増えていくけど!w

ディザインズを読んでいると…
農業や、遺伝子組み換え食品に興味がある人は色々思う所があるんじゃないでしょうか…
明らかに、実在の某巨大企業がモデルなんだなぁっていう企業が登場します。
農薬メーカーは軍需産業と結びつくばかりか、宇宙開発まで進出するんですね…
でも考えてみればそうだよなー、酸素作るために植物欲しいもんなー…食糧にもなる訳だし。
萩尾先生もそうなんですけど、感覚で読む部分が何となく似ている。難解さもまた同じw
ひたすら絵を楽しんだり、文字で書かれた擬音がどんな音か想像してみたり、色んな読み方ができる本です。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

ディザインズ(^^
もう亡くなってしまった、平井和正ウルフガイシリーズを彷彿させますね(^^
不死身人間を創り出そうとするとやはり遺伝子組み換えなんですかね。

ホーキング博士が人類が生き延びるためには、火星に移住しろとか云ってるみたいですが、神の領域には踏み込まない方が(><
一応、適当いい加減のクリスチャンです。
漫画、やめられない30代の方がいらっしゃることに安堵します。
先日古本屋で購入したのは「のらくろ總攻撃」でした。
ゆうきまさみさんの「白暮のクロニクル」がもう少しで終わるのが寂しいです。あとはよしながふみさんの「きのう何食べた?」やオノナツメさんの作品を待つ生活です。
「リトル・フォレスト」好きだったんですよねー。出始めの頃にドヤ顔で周りの人に勧めまくっていたのが懐かしい(恥ずかしい)…。
お野菜の件、きっとメールさせていただきます!
Re: あいるkb様、コメントありがとうございます!
ウルフガイ、懐かしいな!圧倒的強者感が好きでしたw
平井和正氏、幻獣少年キマイラが三輪士郎さん絵の表紙になって、綺麗だし久しぶりに読みたいな!と思って買ったのにそのままになってます…orz菊地秀行氏と並んで、ファンタジックな所が好きですw

火星移住ですかー、私は逆に「地球人は火星から移住した」説が好きなんですよねぇ…w
火星の自転周期は25時間、人間の体内時計も25時間…ってやつですw
いつか遠い未来、地球の外に出る事が普通になって火星まで行けるようになるのなら、火星移住も「自然の流れ」と言えるでしょうけど、今の段階では正に「神の領域」ですよね。
火星人と言えば、私的には萩尾望都先生のスター・レッドですw
Re: Tぼん様、コメントありがとうございます!
コミックも小説も、気付けばどんどん増えています…たまに断舎利してるんですけどねー…w
のらくろですか、古本屋とはいえずいぶんレトロな作品がありますね!昔祖父母の家にあったな…今もあるのかな…wそういえば初めて買ってもらった目覚まし時計がのらくろでした。どこ行ったんだろうw
初期のマンガって、コマ割が均等でいかにも四コマっぽいイメージがありましたが、今ググってみたらのらくろのコマ割りは色々ありますね。引きの視点で絵本のようでもあるし…。
オノナツメさん、初期の作品は集めてました!今は…断舎利の餌食に…orz
昨日親戚の法事で秋田に行ったのですが、秋田のまんが美術館に五十嵐大介氏の作品が飾られているらしいんですよ。正にリトルフォレストがw
見たいなーと思って調べてたら、あいにく今年4月から改装クローズしてました…残念…w

Leave a Comment


Body
中の人はこんな人

Rayly

Author:Rayly
スローライフに憧れ就農した、
農業未経験のひよっこファーマー。
2018年で就農5年目、
いつになったら殻が取れるのか!
少しずつ体力と筋力が
ついてきましたよ!

ご連絡はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
 
ファーマー用品と趣味のお品
 
 
 
 
押したくな~る、押したくな~る…
ブログランキング一応参加中!
最近存在を忘れ気味なので下に移動…
よかったらポチッとお願いしますー!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

地域情報 ブログランキングへ
 
 
 
 
QRコード
QR