今日から農家のお嫁様っ!

新規就農ひよっこファーマーの徒然。四季折々のメリハリ生活中。

 
1
2
3
4
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
04

「ヨシダナギ 青森に立つ」参加

NHKカルチャーセンターで、ヨシダナギさんのお話を聞いてきました。
クレイジージャーニーに出ていた写真家の、あのヨシダナギさんですw

 

講演会…というのか、募集としては短期講座となっていて、たまたま見て行きたい!と思ったものの、開催は盛岡を飛ばして仙台と青森。
どっちに行こうか迷い、検索してみたら青森の方が近いんですね…。
仙台行くとなると、どうせ行くなら実家にも寄りたいし、久しぶりに買物もしたいし…って日帰りじゃ無理なスケジュールになっちゃうので、青森にしました。
そしたら、青森のNHKカルチャーセンターは青森ワシントンホテルの3F。え?ここに入ってるの…?って感じでした…w
会場も、ホテルの一室かと思いきや普通にカルチャーセンターの教室のひとつw思ったよりも少ない人数で、ナギさんとの距離もめっちゃ近く!登場した時なんか、聴衆の拍手の中横を通り抜けていきましたからね…w

お話はとっても面白くて、クレイジージャーニーで見ているような内容がたくさん。TVで受ける印象と違ったのは、ナギさんは私が想像していたような熱量や使命感のような、「熱さ」「力み」のない方でした。
何か…情熱大陸的なw小さい頃からこうしたかった、次の目標はこれです、みたいな…ある種のハングリーさというか、ガツガツ感がない。ぽわ~んとしてましたw
最初そこに驚いたんですけど、段々お話を聞いている内に、何かこの力の抜けっぷりがいいんじゃないか?って思って来ました。
ご自分ではフォトグラファーと紹介されるのもぴんと来ない、というようなお話をされていて、あぁ、そうなのかぁ~って…何だか面白いなって思ってw
私は知らなかったのですが、実はイラストも描かれる方なんですね。クリエイティブな事には変わりはないけど、だからといってそれを自己表現でやっているようでもなく。
お話の最初に、「私が話す事は皆さんの人生に全く役に立たないと思います」とおっしゃっていたのですが、私は勝手に色々感じて考えさせられていましたw

一番興味深く聞いた部分は、サドゥーのお話ですね。
サドゥーの写真を取りたくてナギさんがガンジス川に通っていた時、川向こうにその方は現れました。一目見て本物のサドゥーだと思ったナギさんはダッシュで写真撮影をお願いしに行き、たくさんいる弟子たちとすったもんだしている中何故かサドゥー本人が了承して下さって撮影できたというお話。
実はその方は、80年修行しているというとても有名な徳の高いサドゥーで、世界各国から撮影の申し込みがあるそうです。これまでそれを断り続けてきたのに、ナギさんには何かを感じたという理由で写真を撮らせて下さったという…!
講演会は、マネージャーの方が進行役として質問をしつつナギさんが話していくスタイルだったのですが、ここでマネージャーさんは「買いかぶりすぎですよねw」と笑いを取ってましたw
いや、でも…きっとナギさんが遠くから見てすぐその方を只者じゃないと感じたように、その方を何かを感じたんですよ、きっとw
やっぱり、遠くから撮影依頼するよりも、直接会って話した方がそういうのって通じるものなんですかねぇ。
スライドで拝見したその方は、とても静謐で綺麗でした。これが映像で残らないとしたら、本当に残念な事です。見る事ができてよかったです。

最後、会場で購入した本に日付と名前入りでサインをして頂きました。
この本買おうとしてたんですよね…!迷って買わずにいてよかった…w
帰ってきて早速読みました。読みやすいですねw紀行文好きな人にはお勧めです!文字のフォントが時々変わるのが笑えますw

蛇足。その後せっかく来たからと青森市内をうろうろし、のっけ丼で有名な魚菜センターに行ったらナギさんとマネージャーさんに遭遇しました。おっ!と思ったけど、プライベートだし話しかけるのもどうなのかなって思ってコソコソw
でも魚菜センター内はそんなに広くないので、ぐるぐる回っているうちにめっちゃ会うw私一人で勝手に意識して勝手に巡り合ってて、何か面白かったですw

スポンサーサイト

ブラックローズサスペクツ トリガーとドライブ

最近は連日の強風と雨。晴れ間にちょこちょこっと種蒔きに行ったりはしていますが、まだ今の所忙しくないです。
お陰様で?w買ったはいいがやれずにいたVITAのゲームを進めることができましたw
サガスカーレットグレイスはようやくタリアでクリア。ちょっとファイアブリンガーの攻撃単調じゃないですかね。HPと火力のごり押しで楽勝でした…。そして二周目に入る気力はまだないw
戦国無双4-2廉価版はシナリオを大体クリア。でもまだ全キャラ出てないので、まだちょこちょこやります。何か無双って、他のゲームより短時間でも「ゲームした!」感が強くて、1hくらい遊べればそれなりに満足できますねw

で、タブレットではしょっちゅう新しいゲームを初めては辞めているのですが…
久しぶりに、これはアタリじゃないか?と思うスマホゲーにめぐり合いました。シナリオ的にも、動作環境的にもw

ブラックローズサスペクツ
公式サイト https://blackrosesuspects.jp/ → こちらから



近未来。
「WG(グレイテストギャップ)」と呼ばれる世界大恐慌のあと、「アース連合」によりひとつの国家となった地球。
連合政府は恒久平和な世界を目指し、全地球民を遺伝子レベルで管理する政策を打ち出し、リバティゲート大学の研究チームによる「レッドシステム」の採用を決定した。

リバティゲートの街の海辺に立つ故ブルーノ・リッチが創業した「ホテル・ザ・ペルゴラ」。
ブルーノの孫で元ニューヨーク市警刑事の「イアン・ハンター」は、祖父のホテルを相続するがその身分を隠し、ホテルの専属探偵となって「ブラックローズ」と呼ばれる未解決連続殺人事件の容疑者として謎の失踪を遂げた弟の「バード」の行方と事件の真相、そしてアース連合に潜む闇を暴いていく。



この世界観がステキですよね!w
近未来なんですけど、舞台がホテルなので何となく前世紀ヨーロッパっぽさも感じるという…。
それにこのイラスト。貞本義行氏ですよ!ゲーム始めると、「ペンギン便」なるものがあったりして、思わずニヤリとしますw
実装されているシナリオもそこそこ長いし、動作環境も低めで動きます。シナリオ読んでる途中でよく落ちますがw
何より、「現状リセマラの必要がない」と言えるキャラステータスの作り方が良いです。
SSRが最高グレードですが、SRでも十分対人戦で勝てます。ってか、私が引いたSSR、カスですwww言いすぎた、私には使いこなせなかったですw
ガチャでキャラが出るゲームって、レアを引けばTUEEEできるものが多いですが、これは今の所スキルの組み合わせを考えて編成することを楽しめるゲームになってます。編成が楽しいのって鬼武者ソウル以来だなぁ…。

で、ちょっとやってみて、トリガーとドライブの組み合わせが重要だなーって思ったわけです。
特にアリーナで相手を倒す為には、回復される前に高火力で落としたい。となると、トリガー→ドライブで一気に片をつけるのが重要です。その為に誰と誰を組み合わせるか考えるのが楽しいんですが…w
私がPT編成する時用の手書きメモを書いておきますね。
以下はSRカードの19日追加前までのもの、①とか②の数字は何番目に覚えるスキルか、Dはダウン、Aはエリアル(エアリアル?w)、Bはバインドです。間違ってる箇所があっても責任は負いませんw

SRカード(19日追加前) トリガー&ドライブ一覧
イアン    ①Dトリガー ②Dドライブ
グレイ    ①Dトリガー ④Dトリガー(①の強化)
リチャード  ⑤Dドライブ
ジャド    ②Dドライブ
ジェシー   ①Dトリガー ⑤Dトリガー(①の強化) ☆前衛3人回復あり
マックス   ⑤Dドライブ ☆壁役
サラ     ①Dトリガー
ノーマ    ⑤Dドライブ
アビー    ⑤Dドライブ
リラン    ⑤Dドライブ

エリク    ⑤Aドライブ
アルベール ①Aトリガー ④Aドライブ
ティーミー  ⑤Aドライブ
サラ     ⑤Aドライブ
ソフィー   ④Aドライブ ☆回復役
オリビア   ⑤Aドライブ
リラン    ①Aトリガー
イリーナ   ③Aトリガー
ベティ    ⑤Aドライブ
モニカ    ⑤Aドライブ

レオ     ⑤Bドライブ
ハル     ①Bトリガー ⑤Bドライブ
メロディー  ①Bトリガー
ララ     ①Bトリガー

キャロル  ☆回復役
クリント   ☆壁役

トリガーもドライブもないけど使えるキャラとして、キャロルとクリント。
こうして見ると、バインド使えるキャラが少なくて組み合わせしにくい…なのに私が引いてしまったSSRヴォルフは、③Bドライブ…。
しかも、DEF低いのにめっちゃ前に出たがる。さすがにマックスの後ろだけど、イアンより前…。なぜか二枚出たしLV40↑まで育てたんですが…、あくまで個人の感想ですが、すぐ死ぬ。弱い。スキルも低火力。キングスフィア返せ!むしろいない方が勝てる、私には使いこなせないです。
ダンナのタブと4アカやって他に出たSSRは、メロディ①Dトリガー⑤Dドライブ、ララ③Dドライブ☆回復役、グレイ①Aトリガー⑤Aドライブ、です。
SSRララの回復も、私的には使いにくいですねー。この子、一番前に出るんだもん…。イアンあたりの高火力スキル食らってすぐ沈みます。やっぱ回復と魔法使いは後ろの方にいてほしい…。
グレイやジェシーのトリガー2個にはちょっと期待したんですが、あくまで最初のトリガーの強化で、二回トリガー発動していることにはならないみたいです。1トリガー1スキルなのは変わらないですね。
あと、⑤のスキルは覚えるのがちょっと大変なので…すぐに全員使えるわけではないです。まずは④までで考えた方がいいかも。
私は今の所トリガーかドライブのあるキャラしか編成していないけど、もしかするとどっちもなくても強いキャラもいるのかもしれませんw

さて、メンテでカード追加ってことですが…どうなったか見てこよーっとw

ドラマ鑑賞

ドラマ、「女の勲章」を見ました。ネタバレありますので、これからご覧になる方はそっと閉じて下さいw

私は元々そんなにドラマを見ない方ですが…毎週見るのが面倒で…w
短くて豪華な単発ドラマは好きです。二夜連続とかありがたすぎる!
「そして誰もいなくなった」も、去年の「オリエント急行殺人事件」も楽しく見れました。
向井理のあっという間の退場には驚きましたね。あと顔の小ささ。
大地真央さんは超美人だし!

で、女の勲章です。
少女マンガばりのコテコテの女の世界をイジワルな目線で楽しみつつ、山崎豊子さんってこんな話書く人なんだっけ?って思いました…w
何だか大地の子とか白い巨塔のイメージが強かったのですが、そういえば女系家族とかも書いてるんですよね…幅広いな。

登場人物の誰にも感情移入もできず、銀四郎役の玉木宏はよくこんな嫌な男の役を引き受けたなーwなんて思いながら見て。
一番行動原理が理解できるのはトミエさんですね。
見ていてかわいくて仕方なかったのはカツミさん。相武紗季さん本当にかわいい!ファッションショー自分で出ちゃえばいいのに!w浅野ゆう子演じる関西デザイナー協会会長に楯突いてるシーンなんて、にやにやしちゃいましたw子供っぽいけどかわいいw
そしてラストは、銀四郎お前なんで泣いてるんだ???っていう感じが…。これでよく泣けるな玉木宏…プロだな…。
式子が幼少時代からの憧れの人だったという部分や、大人になってからの初登場シーンで一目惚れしたっぽい部分はいいとします。でも、プラトニックな関係で一度も手に入らないまま死んでしまったのなら泣くのも理解できますが、手に入れておいて好き放題他の女にも手を出して、永遠にいなくなったら泣くって…おもちゃを壊してしまった子供みたい。同じ子供でもカツミと大違い。
最後のあのあたりで、できれば会長にも泣いて欲しかったな。ライバルがいなくなって高笑いの後の、これからはどんどん若手デザイナーに追い抜いていかれるだけという現実を知っている涙。
私は式子に全く感情移入できませんでしたが、松嶋菜々子さんの清純さでぎりぎり嫌いにはなりませんでした。他の人が演じていたら嫌いだったと思います。ふらふらしてるし、甘いし、ほんとダメなお嬢だな!自分ではお嬢様って言われるの嫌がってるけどw
ほんの一年やら三年やらがんばることもできないって、「この一年全く休みがないのよ」って、戦後必死で生きてきた人が言いますかねぇ…。原作ではどうなってるんだろう?
もうちょっと、生徒さんの服装だったり女中さんの用意するご飯だったり、時代背景とかが出てくると歴史好きとしては嬉しかったんですけどね。ひたすら男1人女4人で回っていて、ちょっと狭かったかも。

さ~あと気になっているドラマは…剛力ちゃんの、「女囚セブン」ですね!
このコテコテさ、ちょっと見てみたい…w
深夜ドラマは適当に流しながら見れる感じがいいですよねー、ミタゾノさんも大好きでした…出演者が色々ありましたが…w

この春からは、ようやく録画用のHDDを買ったので…
農業してると間に合わない、日曜19時の鉄腕DASHも!木曜23時56分という寝ている時間のクレイジージャーニーも!
録画しておいて見る事ができますwまずちゃんと見るのかどうかわかりませんが…。
でもクレイジージャーニー、たまにご飯時には向いてない時があるので、要注意ですねw

スキー場終了!

昨日でスキー場の営業が終了しました。
下倉が昨日9日、パノラマは先週2日にて営業終了。

3月から毎週末イベントや大会が行われていて、昨日一昨日も大会がありました。
下倉スキー場上部、「下倉の壁」を大会テントより
013.jpg

こうして見ると斜度がよくわかりませんが…wここを滑ってくる人を見てると、すごいなーって思います。
ってか、大会に出てる小中学生もすごい。私ならこのコース滑ってきたら、ネット内で止まれないと思うw
そのままネットに絡まって大会テントに突っ込むんじゃないか…ww

まだまだ雪はあるように見えるけど、やっぱりお昼近くなればシャバシャバ。
スノーモービルで降りる時も、後ろが滑って結構怖い!あと雪というか水が飛んできて背中が濡れそう!w
そして下倉は、スキー場内を樹海ラインが通っているのでその除雪作業の為にどうしても営業を延ばせないそうです。
てか、アスピーテラインと樹海ラインって別なんですね…今検索していて初めて知りました…w
まだ行った事がないので、ドライブに行ってみたいなぁ。

土日の大会両日、下倉名物塩レモンラーメンを食べました。
私はレモンをがっつり絞って、果肉と一緒に麺を食べるのが大好き!
この味は、下倉湧水でしかうまく出ないんだそうです。
初めて食べた時は、塩とレモンの混ざった匂いに一瞬怯みましたが…w
ちょっと他の食べ物では嗅いだことのないような匂いがする。ハイターみたいな…w
でも今は大ファンで、下倉に行けば結局塩レモンラーメンを食べてしまう。もう一つの下倉名物、シナモンロールはおやつです!w

今日はウェアとブーツを干しました。靴屋か?ってくらいブーツがある…w
来シーズンまでまたしまっておきますw

新年度、最近の出来事

あっという間に冬も終わりました。
季節が変わるたびに「あ~もう春か、こんな速さで時間が過ぎていったらすぐに年寄りだぞ…」みたいな事を考えるのですが、今回もまた考えました。本当に時間が経つのが早すぎる。
私はまだスキー場のバイトに行っているのですが、山の雪の中と麓の雪の無さに驚きます。
こんなに暖かくて雪がなければ世間はもう春の行楽シーズンだよなぁ。先日もお客さんに「人少ないですねぇ」って言われて「世間ではもう花見や潮干狩りなんですかねぇ」などという会話をしました。
そんな冬のバイトも次の日曜日で終了。そこからは農業です!

話は全然変わるのですが…w
読みたかった本をふと思いついて検索したら、何と市の図書館にありました。

最後の秘境東京藝大 天才たちのカオスな日常

入試倍率は東大の3倍!
卒業後は行方不明多数!!
「芸術界の東大」の型破りな日常。
才能勝負の難関入試を突破した天才たちは、やはり只者ではなかった。
口笛で合格した世界チャンプがいると思えば、ブラジャーを仮面に、ハートのニップレス姿で究極の美を追究する者あり。
お隣の上野動物園からペンギンを釣り上げたという伝説の猛者は実在するのか?
「芸術家の卵」たちの楽園に潜入、全学科を完全踏破した前人未到の探訪記。
(Amazonより引用)

いやーいいセンスしてる人がいるもんだ。よくコレ図書館に入れたな!お友達になって欲しい!w
Amazonでは、これでもかってくらい詳しく内容が紹介されています。
書き方が、良い意味で淡々としていて、どこかに肩入れすることなくインタビューや観察日記のように書かれており、非常に読みやすいです。インタビューを切った貼ったしたような構成がポイントなのかな。
作者はラノベ作家だそうで…これを読まなければ絶対に興味を持つ事はなかっただろうと思います。でも今は、ちょっと他の作品も読んでみたいなーと思ってます。
学生時代美術をかじっていた端くれとして、ただでさえ芸術系は変人が多いのに、芸大で美術やってる人なんてすさまじいだろうなぁという勝手な妄想を持って読んだのですが…。更に上を行きますね、コレはw
全く想像がつかなかった音楽科の話も面白かったです。「入学したら最初にやることは自分の写真を撮ること」という部分にすごく納得したり。コンサートのポスターのあの写真か!ってw
大人が読んでも面白いんですけど、中高生が読んだら進学の指針に…は、ならないのかな…w

一緒に借りたのがこちら。隣においてあったんです。
富山県警レスキュー最前線

遭難救助の最前線で奔走する隊員たちの思いと行動を描く。本書は、長野県警レスキュー最前線、岐阜県警レスキュー最前線に続き、富山県警察山岳警備隊版。
中高年の登山ブームが話題になってきたころから、遭難の態様自体も大きく変わってきた。
その背景には体力の衰えが顕著になりつつある中高年登山者の増加もあるのだろうが、いわゆる「一般登山道での事故」「道迷いや突然死などの事故の増加」「携帯電話の普及と安易な救助要請」など、遭難現場の状況も大きく変わってきた実情がある。
特に北アルプスのなかでも厳しい山容を見せる剱・立山連峰など、北アルプス北部を管轄する富山県警山岳警備隊の苦労は並大抵ではない。
冬の剱岳の救助活動に一項目を設け、初めての遭難救助、思い出の救助活動、痛恨の二重事故、剱沢常駐、ヘリコプターによる航空隊の活躍、民間の遭難対策協議会と山小屋との連携など、遭難救助の第一線で活動する山岳警備隊隊員たちの熱い思いが綴られる。
(Amazonより引用)

私は登山はしませんが、スキー場で働いていると、結構遭難や怪我での救助の話を聞きます。意外に遭難多いです。
スキー場は山ですから、冬登山のルートになっていたりします。入山届けがあるスキー場もあります。
そういう方たちが、夜になっても帰って来なくて大騒ぎになったり、ガイドさんから「自力下山できなくなった人がいる」と連絡が来たり。
そもそもこの本を読もうと思ったのは、雪山の表紙に惹かれたのと、知人のお子さんがレスキュー隊になりたいと言っていて、もしかしてこういう仕事を将来するのかもって思ったからです。
内容はこれまたすごかったですね。訓練とか、思った通り!
ただ、内容紹介の文章から受けるような、真面目で堅苦しい印象はないです。隊員の方々が書いた手記のようなものをまとめてある感じなので、人によってはウィットに富んだ楽しい文章の方もいますしw皆さん最初の訓練が辛かった話を書いておられるのが印象的でしたがw
そしてこの本を借りて読んで返却した後、栃木県の雪崩のニュースを見ました。本当に心が痛みます。
救助の仕事って、かっこいい、素晴らしい、だけじゃ済まないんだなぁって、読んで思いました。考えさせられます。

この他にも小説を借りたのですが、何だか濃いノンフィクション二冊を読んだら…フィクションを読む気になれなくて。
そのまま返してしまいました。
もうちょっとゆっくり読めればよかったんだけどなぁ。

中の人はこんな人

Rayly

Author:Rayly
スローライフに憧れ就農した、
農業未経験のひよっこファーマー。
2017年で就農4年目、
ようやく卵の殻が脱げそう?
段々体力と筋力が
ついてきましたよ!

ご連絡はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
 
ファーマー用品と趣味のお品
 
 
 
 
押したくな~る、押したくな~る…
ブログランキング一応参加中!
最近存在を忘れ気味なので下に移動…
よかったらポチッとお願いしますー!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

地域情報 ブログランキングへ
 
 
 
 
QRコード
QR